RSS

MONDOのLPレビュー■「ドライヴ(DRIVE)」 Artwork by Tyler Stout

22 5月
昨日に続いてLPレコードのお話を…。

4月中旬にMONDOから届いた四角いパッケージ…。

これは発売開始30分で売り切れたレコードなのです。
このサソリでわかる人はエライ。
裏にはMONDOのデカイロゴ。

早速、パッケージを開けてみると…。
MONDOに作品を提供するアーチストの中でも最も人気が高い、Tyler Stoutのイラストレーションが。
かっちょいい〜。

これは2012年の映画「ドライヴ(DRIVE)」のサウンドトラック盤です。
180gの重量盤レコード2枚組(通常のLPレコードは130g前後)。
昨年の春頃にリリースが発表されたものの、なかなか発売に至らなかったアイテムです。
アートワークは前述のTyler Stout。レトロモダン(MTV創成期の80年代的な雰囲気)でこの映画が持つ空気感と見事にシンクロしています。
ショッキングピンクもあの頃の気分ですね(←こういう表現もレトロ)。

01. Nightcall
02. Under Your Spell
03. A Real Hero
04. Oh My Love
05. Tick of the Clock
06. Rubber Head
07. I Drive
08. He Had A Good Time
09. They Broke His Pelvis
10. Kick Your Teeth
11. Where’s the Deluxe Version
12. See You in Four
13. After the Chase
14. Hammer
15. Wrong Floor
16. Skull Crushing
17. My Name on a Car
18. On the Beach
19. Bride of Deluxe

Tyler Stoutについてはあらためて紹介しますが、映画のポスターをモダンアートの域まで高めた作品の数々はどれも入手困難なアーチストです。
彼のポスターはMondoでは1分足らずで完売するのですが、その直後にebayでは売れたばかりのポスターが定価の3倍以上で取引されています。

ジャケット内側。このまま飾りたい。
ライナーノーツの裏側はミニポスター。
MONDOの商品らしく、このLPにもバリアントが存在します。
まずはランダムに挿入される“ホットピンクヴァイナル”
ウチのは…レギュラーの黒でした(涙)。
さらに、今年の「レコードストアデイ(世界的に開催されるお店でレコードを買おう!の日)の限定商品として、北米のレコードストアで販売された限定1000部のピクチャーディスク盤!

出荷時にコンテナごと行方不明になり、その後発見されて発売されたものです。

残念ながらレコードストアデイには販売されませんでした。
ジャケットもオリジナル。
欲しいなぁ…。ebayで…(汗)。
と、待たせただけのことはあるラインナップでのリリースでした。
さて、このジャケットの裏面。

イラストレーションが反転しています(もちろんワザと)。

クールですねー。しかし、これをポスターにするともっとクールなんです。
それがこちら!

なぜかウチにありました!

このポスターは585部限定。
今年の3月にテキサス州・オースティンのMONDOギャラリーで開催された、
Tyler StoutとKen Taylorの合同展にて販売されました。
当然のごとく即日完売。オンラインでの販売はありませんでした。
このポスターについてはまた後日。

映画の世界観と絶妙にリンクした、このサウンドトラック盤ですが、
勿体なくて針を落とせません!
というか、ターンテーブルがありません(笑)。
それでも買ってしまう魅力的なアイテムでした。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2013/05/22 投稿先 Uncategorized

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。