RSS

MONDOポスターレビュー■「アイアンマン(2008)」 Iron Man Artwork by Jesse Philips

26 5月

まだ売ってますね、MONDOのサウンドトラック盤「「ザ・レイド(The Raid:Redemption)」
日本でも評判良かったと思いますが、興味のある方はぜひ。
ちなみに楽曲はこのLP用にデジタルリマスタリングされているとのことです。

さて、今日は私が所有するMONDO(モンド)のポスターを紹介します。
それがこちら!

「アイアンマン(Iron Man)」バリアント
Poster by Jesse Philips. 24″x36″ screen print.
Edition of 65.

2008年4月28日にARAMO DRAFT HOUSE CINEMA SOUTH LAMARにて行われた、映画「アイアンマン(2008)」の先行上映のために作られたポスターです。
夜光塗料で青い部分が暗闇で光ります。
Jesse Philipsの作風である、スチームパンクなテイストが全開となっています。
限定数なんと65枚!

こちら(↓)のレギュラー版ですら100枚だったことを考えると、2008年当時のMONDOはまだ小さなビジネスだったと言えると思います。

レギュラー。

MONDOのサイトにアーカイブされているこの画像と比べると、私が所有しているものはヨレて見えますね…。

バリアント。

それもそのはず、私が所有しているものが水害で一度水に沈んでいるのです。
2012年7月にebayにてイギリスのコレクターから購入したのですが、その際に水害によって傷みが生じていると説明されました。
このポスターは新品同様であればUS$250〜300程度で取引されていますが、
私が落札したものはUS$79でした。
どの程度のダメージかはアップされた画像ではよくわからなかったので、一か八かの賭けで落札したのです。

到着したものは、全体にゆるいシワと部分的(特に下部)に汚れがありました。
日本のアトリエで20000円程度で修復可能との話もあったのですが、
そのまま保管しています。
ダメージも含めてこのポスターの味だと思ったからです。

画像では半分も伝わりませんが、とても鮮やかです。
65枚中、59番目!
この汚れは目立ちますが、額装すると気になりませんでした。

それに加え、印刷の鮮やかが残っていたのも修復しなかった理由です。
彩度の高い赤と青、これ以上ない存在感をもっています。

暗闇ではこの青が光ります。

さらに夜光インク部分は暗闇でキレイに光っていました。
修復したらこれは失われていたかもしれません。
ただ、アイアンマンの鼻のあたりに赤い滲みが…。
ちょっとトナカイチックではありますが、これも味ということで…。

トナカイさん。

このポスターと同時期に入手したOlly Mossによる「ダークナイト ライジング(Dark Knight Rises)」のポスターが、MONDOにハマるきっかけでした。

このあたりのお話はまた後日…。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2013/05/26 投稿先 Uncategorized

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。